会社情報&規約 - スカイプ英会話ならマイスカイイングリッシュ

会社情報&規約

名称 MSE (マイ スカイ イングリッシュ)

旧マイスカイプイングリッシュより2012年7月サイト名と会社名を変更

英語名 MSE(MY SKY ENGLISH) ICT English Education Research Center

運営会社 株式会社WORLD STAGE  資本金3,000,000円

代表取締役 両部郁代 (Ikuyo Mayuko Ryobe)


主要取引先   京都大学*鳥取大学*和歌山大学*京都産業大学

       株式会社CAI MEDIA 株式会社EPOCH(えいご上手)他

 

住所 本社 〒604-8242 京都市中京区西洞院通三条下る柳水町72-703

   支社&SCHOOL 

   〒604-8187 京都市中京区東洞通院御池下る笹屋町436-2
   SHIKATA DIX BLDG 3F

   OPEN OFFICE Biz GARDEN KYOTO ローソンの上です。


電話 075-741-6367

FAX 075-741-6367 

※ただいま電話によるお問い合わせは緊急をのぞいて受け付けておりません。

E-mail info@myskyenglish.com

   

販売価格 商品ごとに掲載しています

商品代金以外の必要料金 振込手数料(銀行振込の場合)

お支払い方法 銀行振込/クレジットカード(PAYPAL)

支払時期・支払期限 クレジットカード決済の場合、商品と引き換えに課金されます。銀行振込の場合、申込み(振込ご連絡)より1週間以内にお振込み下さい。

商品の引き渡し期限 クレジットカード決済の場合、クレジットカード決済システム(PAYPAL)より正常な決済情報を受け付けた際にポイント・チケットを付与します。銀行振込の場合、振込入金確認後、3営業日以内にお客様にポイント・チケットを付与いたしますので、そのあとに予約可能となります。(交通状況や天候により、入金の確認までに時間がかかる場合がございますので、あらかじめご了承ください)

返金の有無・条件 一度ご購入いただいたポイント、チケットの返金は受け付けておりません。

ポイント・チケットの有効期限について ポイントの有効期限は、ポイント購入後3か月です。ただし、追加でポイントを購入した場合、残りのポイントについての有効期限も3か月延長されます。チケットの有効期限については、商品ごとに記載してます。

レッスン時間 1レッスン25分

レッスン品質 インターネット回線は光回線を使用しており自信がありますが万一、映像、音声などが不十分な場合はその趣旨を先生に伝えください。出来るだけ対応いたします。

退会 退会制度は特にございません。プライバシーポリシーによりご登録を解除されたい場合はinfo@myskyenglish.comまでお伝えください。

 

領収書および修了書等のオンライン発行について:一種一通につき事務手数料300円(ポイント数で35p)を申し受けます。

講師との直接契約の禁止事項:

 

生徒様と弊社で知りえたオンライン講師とのレッスンの直接契約や電子メールの送受信、FACEBOOK,GOOGLE+,MIXI,MYSPACEなどのSNSを使用した個人的な接触や交際(オンライン、オフライン共に)等を禁止いたします。すべての講師はこの項目の入った契約書にサインしておりますので、事実が発覚した場合は、どちらから提案したにかかわらず、損害金100万円 を生徒様と講師の双方に要求いたします。講師は解雇、生徒様は除籍となります。残りポイントの換金返還はいたしません。

また弊社を退社した講師は、2年間はオンライン、オフラインを問わず弊社の元、現生徒様と接触および直接契約をしないという項目が入った誓約書にサインしておりますので、ご注意ください。


講師と直接会ってのレッスンをご希望の場合は、京都烏丸駅前校やカフェレッスンコースをご用意いたします。お問い合わせください。


代表者取締役のご紹介

氏名:両部 郁代(Mayuko Ryobe)

学歴:英国ウェストミンスター大学大学院修士課程応用言語学研究科終了、応用言語学修士

大阪大学

職歴:現京都産業大学:全学共通センター&外国語学部非常勤講師、


所属学会:外国語教育メディア学会 大学英語教育学会 JALT学会(CALL)関西英語教育学会 全国英語教育学会

学術論文:

  1. Ryobe,I. ( 2007) Use of new Oral communication Materials Based on the Lexical Approach 英語教育研究   関西英語教育学会
  2. Ryobe,I (2008) How Do Skype-Based Video and Voice Chats Contribute to Motivating Students to Communicate with Non-Native and Native Speakers from around the World?(Theme: What is Global English Communicative Competence?: A Reconsideration of English Education in Japan) JACET全国大会要綱 47, (pp.40-41), 社団法人大学英語教育学会 retrieved from http://ci.nii.ac.jp/naid/110007486767
  3. Ryobe, I. (2008). The effects of Skype-based video chats with volunteer Filipino English teachers (II): Discovering the superiority of video chat. In T. Koyama (Ed.), Proceedings of the WorldCALL 2008 Conference: CALL bridges the world (pp. 120-123). The Japan Association for Language Education and Technology (LET). Retrieved from http://www.j-let.org/~wcf/proceedings/proceedings.pdf
  4. Ryobe, I. (2009) Using Skype and Moodle at the University Level for Supplementary Oral Communication Practice. In M. Apple (Ed.), Proceedings of GLoCALL 2009 (pp. 18-28). Retrieved fromhttp://glocall.org/pluginfile.php/1497/mod_resource/content/0/GLoCALL2009-Ryobe.pdf
  5. The effects of Skype-based video chats with volunteer Filipino English teachers(Ⅱ):Discovering the superiority of video chat
  6. Ryobe, I. (2012) Vocalism, Phonetics and CALL for Accent Reduction. In A. Stewart & N. Sonda (Eds.), JALT2011 Conference Proceedings, (pp. 725 ). Tokyo. Retrieved fromhttp://jalt-publications.org/proceedings/articles/1798-vocalism-phonetics-and-call-accent-reduction

口頭研究発表: WorldCall  外国語教育メディア学会 大学英語教育学会 関西英語教育学会 GLOCALL JALT

 

学会口頭発表

 

1.研究発表

 

大学の英語教育におけるオンライン・コミュニケーションの実践と効果

 

 

 

2. 研究発表

 

The study of Current oral communication materials, methodologies and new authentic materials focused on the lexical approach

 

 

 

3. 研究発表

 

The Effect of Skype-based Video Chats with Volunteer Filipino English Teachers(II):Discovering the Superiority of Video Chat

 

  

 

4. 研究発表

 

How Do Skype-based Video and Voice Chats Contribute to Motivating Students to Communicate with Non-native and Native Speakers from around the World?

 

 

 

5.

 

海外英語話者とのSkypeビデオチャット必修化の試みは
成功するか

 

 

 

 6.

 

Preparing for the Incorporation of

 

Skype-Based Video Chats in

 

Compulsory Information Technology

 

English Classes

 

 8.

 

Using Skype and Moodle at the University Level for Supplementary Oral Communication Practice.

 

 9.

 

無料英語ビデオ学習サイト ”English Central” を利用した発音・会話練習と授業活性化の効果

 

 

 

 10.

 

  

 

 11.

 

The effectiveness of blended learning: a web-based study with speech recognition software, and vocalism to improve pronunciation

 

 

 

12.

 

Vocalism, Phonetics and CALL for Accent Reduction.

 

 

tuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptuliptulip

関連団体 特例財団法人 両部育英会 昭和46年

HP: http://kigyou.net/corp777

創立者:両部篤  昭和33年設立 

 

 

ケンブリッジ大学内のカフェにて 2002年8月